伊勢志摩国立公園とさくら展(3/18~4/2)

催しもの

タイトル

伊勢志摩国立公園が最も美しい季節と言えば、春、海辺や川辺、里の山々で咲く桜のころではないでしょうか。2月中旬頃から4月の終わりにかけ、河津桜、陽光桜、ソメイヨシノ、山桜など、様々な種類の桜が咲きほこります。その中には樹齢60年を越えた“円吉ざくら”も精一杯私たちに何かを語りかけるように咲いています。

“円吉ざくら”にはこんな話が語り継がれています。”伊勢志摩国立公園の父”と言われる石原円吉翁は昭和30年代から晩年までポケットマネーで各地域に約1万本の桜の苗木を贈り続けました。円吉翁は当時、観光開発と共に自然破壊が進む伊勢志摩の現状を憂い、公園の美化と次代を担う子どもたちに桜の樹を通じて、自然保護の大切さを教えたかったのです。さらにその先は「伊勢志摩を第一級の美しい国立公園にしたい」とも、見据えていました。いつの頃からか、この桜のことを“円吉ざくら”と呼ぶようになりました。

今回、おかげ横丁「大黒ホール」において、伊勢志摩の桜を内外に発信し、石原円吉翁が願った”円吉ざくらの夢”を語り継ぐ「伊勢志摩国立公園とさくら展」を開催いたします。


期 間/平成29年3月18日(土)~4月2日(日)9:30~17:00
会 場/おかげ横丁「大黒ホール」
主 催/伊勢文化舎
共 催/伊勢志摩国立公園指定70周年事業実行委員会、伊勢志摩国立公園地域協議会、おかげ横丁



◯ 桜守さんのお話と花見料理の夕べ

伊勢志摩各地で名物桜を守る”桜守さん”たちに桜自慢と桜守の活動等の話を聞きます。
トークのあとは春の食材を使った料理で楽しい懇親会。

とき/3月18日(土)17:30~20:00頃まで
会場/おかげ横丁「はいからさん」
会費/3,000円(食事付き・税込)
定員/50名(定員になり次第締め切り)
【お問合せ・お申込み】(有)伊勢文化舎 0596-23-5166

参加申込書はこちら>>>




◯ 写真展示

・伊勢志摩国立公園内の桜の名所
・神宮の森(撮影/森武史、協力/(株)赤福)
・伊勢志摩四季の祭り(撮影/阪本博文)
・空から撮影した伊勢志摩国立公園の景勝地(撮影/志摩の鳥人・故松本高正)



◯ 映像

映像でみる「伊勢志摩のさくら」とドローン撮影による伊勢志摩の風景(制作/写真スタジオアンプレ)



◯ 体験など

・木の実、貝などを使ったクラフト体験(協力/横山ビジターセンター)
 ※3月18日(土)、19日(日)
・アコヤ貝を使ったペンダントやイヤリング作り(協力/境工芸)
 ※4月1日(土)、2日(日)
・書家・伊藤潤一氏による”桜”などの大書きパフォーマンス
 ※4月1日(土)、限定色紙プレゼント(20名様)



◯ 立体展示

・志摩市在住のアマチュア彫刻家・山川芳洋氏の海女の彫刻
・故・冨士井(玉置)和正(前伊勢志摩国立公園事務局長)が制作した海女の紙粘土人形
・志摩市在住の工芸家・境一久氏制作の貝工芸作品
株式会社伊勢福
〒516-8558 三重県伊勢市宇治中之切町52番地
TEL: 0596-23-8838(お客様用)
TEL: 0596-23-8811(企業様用)
FAX: 0596-23-8840 E-MAIL: information@okageyokocho.com