HOME店舗ガイドかみなりや

かみなりや


かみなりやでは多くの革製品との出会いの中から、職人や作家としての思いや願いが強く感じられる作品をセレクトし、紹介しています。
めずらしい藍染めや柿渋染め、泥染めの革などの伝統工芸の技法を利用したものや、神の使いと言われるサメの革を使用した小物もご用意しました。
それぞれの作品の魅力をお楽しみください。
三重県伊勢市宇治浦田一丁目5番2号 TEL / 0596-26-1333
営業時間 / 9:30~17:30(季節により異なる) 年中無休
SUKUMO Leather ギャラリー




SUKUMO Leather  本藍染めのジャパンブルーに染められた革の世界が革工藝かみなりや2Fに誕生

伝統技術の阿波藍で染められた革が、洗練されたデザインによって、個性的で印象的な作品を生み出しました。



SUKUMO Leatherスクモ レザー」とは


藍染めの本場、徳島県の阿波藍を使い、京都で天然灰汁発酵建本藍染された、世界でも稀有な天然本藍染革です。
阿波藍は国選定無形文化財に指定されています。


期間限定生産 スタイリッシュでクラシカルな腕時計
LARS LARSEN × SUKUMO Leather日本・デンマーク150周年記念




2017年は1867年の日本・デンマークの修好通商航海条約の締結による外交樹立から150周年となる記念すべき年です。
デンマークが誇るクラフトマンシップと日本の伝統工芸……
二カ国に共通する美意識が相互作用する美しい限定品が誕生しました。
日本とデンマークを囲む海のブルーを日本のSUKUMOレザーの藍染で表現した、
このアニバーサリーイヤーのみの期間限定生産商品となります。
価格:28,080円~36,720円(税込)

擬革紙




擬革紙ぎかくしは、江戸時代の1684 年(貞享元年)に油紙屋の三島屋(現・三重県多気郡明和町新茶屋)の初代堀木忠次郎がヨーロッパから輸入された装飾革を模して制作したのがはじまりとされています。特に擬革紙の煙草入れが参宮土産として人気を集めました。しかし、時代の流れとともに減少し、技術が途絶えてしまいました。
近年、三重県度会郡玉城町を拠点とする「参宮ブランド擬革紙の会」が数少ない資料をもとに試行錯誤を重ねて現代に擬革紙を蘇らせ、2013 年には「三重県指定伝統工芸品」に認定されました。

革を楽しむ

株式会社伊勢福
〒516-8558 三重県伊勢市宇治中之切町52番地
TEL: 0596-23-8838(お客様用)
TEL: 0596-23-8811(企業様用)
FAX: 0596-23-8840 E-MAIL: information@okageyokocho.com